土屋老平(読み)つちや としひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋老平 つちや-としひら

つちや-おいひら

土屋老平 つちや-おいひら

1841-1887 幕末-明治時代の歌人,郷土史家。
天保(てんぽう)12年生まれ。武居世平(よひら)の次男。歌を橘冬照(たちばな-ふゆてる),橋本直香(なおか)にまなび,父とともに上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内輝声(てるな)の歌道師範をつとめた。明治20年10月19日死去。47歳。上野出身。通称は補三郎。号は和堂,歌の屋。狂名は2代菫庵石文(すみれあん-いしぶみ)。名は「としひら」ともよむ。著作に「片岡郡志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android