コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘冬照 たちばな ふゆてる

美術人名辞典の解説

橘冬照

国学者。通称茂松・茂三・元輔、号は椎本守部養子。武蔵幸手生、江戸住。家学を継承し平戸藩国学顧問を務める。また勤王の志も厚かった。著書に『淡海一露』『職原抄講記』等がある。文久3年(1863)歿、50才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘冬照 たちばな-ふゆてる

1814-1863 江戸時代後期の国学者。
文化11年生まれ。橘守部の長男。父守部をたすけて,江戸の門人を指導する。天保(てんぽう)15年寛永寺吟味役,浅草寺取締役となった。嘉永(かえい)7年「橘守部家集」を編集した。文久3年6月29日死去。50歳。武蔵(むさし)幸手(埼玉県)出身。通称は茂松,茂三。号は椎本。著作に「古語雑採」「万葉集地名部類」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

橘冬照の関連キーワード志自岐小楯浅山純尹神戸大汀大島義矩土屋老平橘道守国学者