橘冬照(読み)たちばな ふゆてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘冬照 たちばな-ふゆてる

1814-1863 江戸時代後期の国学者。
文化11年生まれ。橘守部の長男。父守部をたすけて,江戸の門人を指導する。天保(てんぽう)15年寛永寺吟味役,浅草寺取締役となった。嘉永(かえい)7年「橘守部家集」を編集した。文久3年6月29日死去。50歳。武蔵(むさし)幸手(埼玉県)出身。通称は茂松,茂三。号は椎本。著作に「古語雑採」「万葉集地名部類」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android