コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土山孝之 つちやま たかゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土山孝之 つちやま-たかゆき

1740-1788* 江戸時代中期の武士。
元文5年生まれ。幕臣勘定組頭田沼意次(おきつぐ)の蝦夷(えぞ)地開発計画に参加,狂歌師初代平秩東作(へずつ-とうさく)をひそかに蝦夷地に派遣した。また大田南畝(なんぽ)ら天明期の狂歌師を援助した。天明7年12月5日死去。48歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土山孝之

没年:天明7.12.5(1788.1.12)
生年:元文5(1740)
江戸中期の旗本,勘定組頭。父孝祖,母は土山氏の娘。父も勘定組頭。勘定に列して以来,勘定所生え抜きの役人。田沼意次政権の蝦夷地開発計画に参画,狂歌師平秩東作に密命,蝦夷地を調査させた。田沼失脚(1786)後,富士見宝蔵番頭に転ず。遊女を妾とし,娘の病死を隠して親族書を偽り,前職在任中に買い米の公金を横領,幕府の追及を逃れて逐電(武州山口観音〈埼玉県所沢市〉に隠れた)の段不届きと,死罪に処せられた。大田南畝ら天明狂歌壇のパトロン的存在で,愛妾誰袖も狂歌を詠む遊女として知られる。

(山田忠雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

土山孝之の関連キーワードフリードリヒ(2世)(プロイセン国王)ラングハンスマリア・テレジア市川団蔵マリア・テレジアフリードリヒウィルヘルムイワン6世シュレジエン戦争セルゲルマリア・テレジア

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android