コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐定政 とき さだまさ

2件 の用語解説(土岐定政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐定政 とき-さだまさ

1551-1597 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)20年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の土岐明智氏の出身。2歳のとき父定明の戦死で母方の実家三河(愛知県)の菅沼氏をたよる。菅沼藤蔵の名で徳川家康につかえ,歴戦の功により,天正(てんしょう)18年下総(しもうさ)相馬郡(茨城県)守屋に1万石をあたえられた。文禄(ぶんろく)2年土岐姓に復した。上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩主土岐家の祖。慶長2年3月3日死去。47歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土岐定政

没年:慶長2.3.3(1597.4.19)
生年:天文20(1551)
安土桃山時代の武将。上野国(群馬県)沼田藩主土岐家の祖。父は土岐頼芸の臣土岐明智定明,母は三河国菅沼氏の娘という。美濃多芸郡に住したが,天文21(1552)年土岐氏主流滅亡の際,父が戦死したため,2歳で母方の実家を頼って三河に移り,菅沼定仙に養われて成長。のち徳川家康に仕えたが,明智光秀と同族であることをはばかって,菅沼藤蔵と称したとされる。以後,歴戦の勇士として名を成したが,性質は粗暴であったという。天正18(1590)年,家康の関東入部に際して下総相馬郡に1万石を給され,文禄2(1593)年家康の命で本姓土岐氏に復した。

(谷口研語)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土岐定政の関連キーワード道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代塙団右衛門文禄横目付沼田景義由良妙印尼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone