コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐朝旨 とき ともむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐朝旨 とき-ともむね

1773-1838 江戸時代後期の武士。
安永2年生まれ。幕臣。寛政9年江戸城西丸小姓となる。徳川家慶(いえよし)につかえ,本丸にうつった。天保(てんぽう)9年6月21日死去。66歳。本姓は深津。字(あざな)は承之。通称は金三郎。号は愚叟(ぐそう)。著作に「善事須修(ぜんじしゅしゅう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

土岐朝旨の関連キーワードティーク秋田蘭画蕪村七部集プガチョフの乱ブラウン岸沢式佐(5代)メチニコフ渡辺崋山アフガン戦争学級

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone