土岐朝旨(読み)とき ともむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐朝旨 とき-ともむね

1773-1838 江戸時代後期の武士。
安永2年生まれ。幕臣。寛政9年江戸城西丸小姓となる。徳川家慶(いえよし)につかえ,本丸にうつった。天保(てんぽう)9年6月21日死去。66歳。本姓深津。字(あざな)は承之。通称は金三郎。号は愚叟(ぐそう)。著作に「善事須修(ぜんじしゅしゅう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android