コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土岐頼兼 とき よりかね

2件 の用語解説(土岐頼兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土岐頼兼 とき-よりかね

?-1324 鎌倉時代の武将。
土岐頼貞(よりさだ)の子。美濃(みの)(岐阜県)の人。日野資朝(すけとも)らが中心となってすすめた後醍醐(ごだいご)天皇の鎌倉幕府転覆計画にくわわったが,密告により露見(正中(しょうちゅう)の変)。元亨(げんこう)4年9月19日六波羅方に攻められ自刃(じじん)した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

土岐頼兼

没年:正中1.9.19(1324.10.7)
生年:生年不詳
鎌倉後期の武士。父は頼貞。美濃国土岐郡(岐阜県)の住人。後醍醐天皇の第1次討幕計画の謀議(無礼講)に,日野資朝に誘われて参加。正中1(1324)年北野神社の祭日9月23日を挙兵の日と定めていたが,密告によって六波羅探題の知るところとなった。六波羅探題は悪党追捕の名目で,京中,洛外の武士を招集した。これは頼兼ら謀反人を一網打尽にする謀略であった。9月19日の早朝,六波羅の兵2000騎余を率いた山本時綱は,三条堀河の頼兼宿所を急襲した。頼兼は奮戦したものの衆寡敵せず,寝所で自刃した。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土岐頼兼の関連キーワード多治見国長妻木頼利土岐富景土岐頼明土岐頼香土岐頼清土岐頼貞土岐頼忠土岐頼直土岐頼益

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone