コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治見国長 たじみくになが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多治見国長
たじみくになが

[生]正応2(1289).美濃
[没]正中1(1324).9.19. 京都
鎌倉時代後期の武士。四郎次郎と称した。父は土岐国純。美濃国に栄えた清和源氏土岐氏一族土岐頼兼とともに後醍醐天皇の討幕計画に参加したが,正中1 (1324) 年露見した際に幕府方の武士に攻められ敗死

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たじみ‐くになが〔たぢみ‐〕【多治見国長】

[1289~1324]鎌倉後期の武士。美濃多治見の人。土岐氏一族。通称、四郎次郎。後醍醐天皇の命で土岐頼兼とともに討幕の計に加わったが発覚し、六波羅軍に襲われて戦死。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治見国長 たじみ-くになが

1289-1324 鎌倉時代の武将。
正応(しょうおう)2年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)土岐氏の一族。後醍醐(ごだいご)天皇の命をうけて討幕計画(正中(しょうちゅう)の変)にくわわったが,一族の船木頼治の裏切りにより六波羅の幕府軍にせめられて元亨(げんこう)4年9月19日自殺した。36歳。通称は四郎二郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多治見国長

没年:正中1.9.19(1324.10.7)
生年:正応2(1289)
鎌倉後期の武士。父は国澄。美濃国土岐郡多治見(岐阜県多治見市)の住人。後醍醐天皇の第1次討幕計画の謀議(無礼講)に,日野資朝に誘われて参加。正中1(1324)年9月23日の北野神社の祭日に,混乱にまぎれて蜂起しようと準備していたが,密告により六波羅探題の知るところとなった。このため,9月19日の早朝,小串範行の率いる六波羅の軍勢3000騎余に錦小路高倉の宿所を包囲された。奮戦したものの,衆寡敵せず,自刃した。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たじみくになが【多治見国長】

1289~1324) 鎌倉末期の武士。通称、四郎次郎。美濃多治見の人。土岐氏一族。正中の変に荷担し、京都で幕府軍に攻められて敗死。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多治見国長
たじみくになが
(1289―1324)

鎌倉後期の武将。国俊の次男。通称四郎二(次)郎。多治見氏は清和源氏土岐氏の一族で、土岐光行の子息国義が美濃国土岐郡多治見(岐阜県多治見市)を拠点としたことに始まる。国長は国義の孫。『太平記』巻一によれば、後醍醐天皇の側近であった日野資朝(すけとも)は、討幕計画を進めるに当たって「様々の縁を尋ねて」同調者を募ったが、その一人が国長であり、後醍醐が主催する「無礼講」にも参加した。しかし計画は1324年(正中1)9月19日に発覚、錦小路高倉(にしきこうじたかくら)の宿所を六波羅(ろくはら)勢に攻められて、一族とともに奮戦するものの自害した(正中の変)。この一件を書き留めた『花園院宸記(はなぞのいんしんき)』同日条裏書によれば、国長は同族の土岐頼員(よりかず)(実は頼春)勧誘のため、23日の北野社祭礼に紛れて挙兵するという計画を打ち明けたが、頼員は舅の齋藤俊幸(利行)に密告してしまう。利行は六波羅奉行人であったため、挙兵前に鎮圧されることになったのであった。なお『多治見系図』は享年を36歳、法名を清高院峯秋(せいこういんほうしゅう)とする。これに従えば生年は1289年(正応2)。多治見市養正(ようせい)小学校に肖像画(市有形文化財)が所蔵され、同市新町に館跡(県史跡)が残されている。[櫻井 彦]
『多治見市編『多治見市史 通史編上』(1980) ▽多治見市教育委員会編『多治見の文化財』改訂第8版(2007)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

多治見国長の関連キーワード鎌倉時代正中の変林雲鳳小串氏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android