コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山寺縁起 イシヤマデラエンギ

4件 の用語解説(石山寺縁起の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】

鎌倉後期から江戸中期にかけて作られた全7巻33段の絵巻物石山寺創建の縁起と、本尊の観音菩薩の霊験譚(れいげんたん)を描く。本文の成立は正中年間(1324~1326)であるが、絵の制作年次は、第1~3巻は高階隆兼(たかしなたかかね)の画風に似て最も古く、第5巻もほぼ同時期、第4巻は明応6年(1497)土佐光信筆、第6、7巻は江戸時代谷文晁(たにぶんちょう)筆。重要文化財

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】

石山寺の草創と本尊観音菩薩の数々の霊験を物語る7巻の絵巻。石山寺蔵。観音の三十三応化身にちなみ,全33段に構成されている。開基良弁(ろうべん)僧正による石山寺の建立,宇多上皇をはじめ藤原道長などの貴顕の参詣祈願,病気平癒などの法験譚から,大納言道綱の母が本尊に祈って夢想する話,紫式部が参籠して湖上の月を眺め《源氏物語》の構想を得る話などまで含み,ことに文学関係の霊験譚を5話収録するのは本絵巻の特色のひとつといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしやまでらえんぎ【石山寺縁起】

石山寺草創の縁起と、本尊如意輪観音の霊験を主題にした絵巻。紙本着色。七巻。一~三巻は座主ざす杲守詞書、絵は鎌倉時代の高階隆兼たかしなたかかねの筆といわれる。四巻は三条西実隆さねたか詞書、土佐光信絵。六、七巻は飛鳥井雅章の詞書に、谷文晁ぶんちようが絵を加えたもの。重要文化財。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石山寺縁起
いしやまでらえんぎ

近江(おうみ)国石山寺の草創から、寺の沿革に関する各種の霊験譚(れいげんたん)を説いた絵巻。7巻。良弁(ろうべん)僧正が如意輪(にょいりん)観音を本尊として石山寺を創立する段に始まり、後醍醐(ごだいご)天皇が即位のとき石山寺に荘園(しょうえん)を寄進する段までが収められる。7巻の絵は一筆でなく、4類に分けられ、筆者と制作時期を異にする。第1~3巻は正中(しょうちゅう)年間(1324~1326)に高階隆兼(たかしなたかかね)、第4巻は1497年(明応6)に土佐光信(みつのぶ)、第5巻は粟田口(あわたぐち)隆光(15世紀前半)との伝承をもつが、いずれも確かでない。第6、7巻は江戸時代1805年(文化2)松平定信(さだのぶ)の命によって谷文晁(ぶんちょう)が新写したもの。制作の時期が鎌倉、室町、江戸時代にわたっているが、これは、第4巻以下がなにかの事情で失われたため、後世に順次補作されたものと思われる。このうち原初の第1~3巻は美しい温雅な画面を展開させて、鎌倉後期の大和絵(やまとえ)の典型を示すものである。滋賀県石山寺蔵。[村重 寧]
『『日本絵巻大成 18 石山寺縁起』(1978・中央公論社) ▽『新修日本絵巻物全集 22 石山寺縁起』(1979・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石山寺縁起の言及

【石山寺】より

…当寺の観音信仰は,中世以降もますます盛んとなり,西国三十三所観音霊場の巡礼の風習がおこると,当寺は第13番札所となって,今日まで庶民の巡礼で賑わうこととなった。鎌倉期から江戸期にかけて書きつがれた7巻本の当寺伝蔵の《石山寺縁起》(重文)は,観音霊験を喧伝すべく制作されたものであって,このなかでは当寺の開創について,東大寺大仏の造立にあたって聖武天皇から金山の探索を命じられた良弁が,当地に観音像を安置して祈念したところ,陸奥で黄金が発見されてめでたく大仏造立が完成したとの観音霊験の伝承を伝えている。創建当初の建物は1078年(承暦2)の火災で全焼したが,そののち復興され,現存の堂宇は鎌倉期以降に改築されたものが多い。…

※「石山寺縁起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石山寺縁起の関連キーワード観世音菩薩多羅菩薩観音堂観音菩薩救世観世音菩薩大悲観音初観音観音懺法補陀洛山寺妙尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石山寺縁起の関連情報