コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土川元夫 つちかわ もとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土川元夫 つちかわ-もとお

1903-1974 昭和時代後期の経営者。
明治36年6月20日生まれ。名古屋鉄道にはいり,昭和36年社長となる。日本モンキーセンター,明治村,名鉄バスターミナルの開設につくした。名古屋商工会議所会頭。昭和49年1月27日死去。70歳。東京出身。京都帝大卒。
【格言など】森羅万象に勝つにはまず己に勝て(座右銘)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土川元夫の言及

【明治村】より

…民間の文化財保存として日本屈指の事業である。第2次大戦後,明治建築の急速な破壊消滅を前に,建築家谷口吉郎が中部財界の指導者であった名古屋鉄道の土川元夫(1903‐74)と図り,1961年明治建築の保存活用を目的に準備委員会として発足した。翌年財団法人認可,入鹿池西側の当初50万m2の敷地に,63年西郷従道邸(重要文化財)移建着工を皮切りとして開村への準備が始まり,65年展示建築物15件で開館した。…

※「土川元夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土川元夫の関連キーワード名古屋鉄道(株)博物館明治村円城寺 次郎谷口 吉郎6月20日田中 精一三宅 重光名古屋鉄道小堀 杏奴梶井健一井深 大弘世 現明治村