コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治村 めいじむら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治村
めいじむら

明治建築の保存と公開を目的として,1965年3月に開館した野外博物館愛知県犬山市犬山県立自然公園内の 10km2敷地に展開されている。第2次世界大戦後の復興期に次々と破壊されていく明治建築を救うため,名古屋鉄道株式会社社長土川元夫と建築家谷口吉郎の協力で,62年以来組織された財団法人をもとに明治建築を収集。名古屋鉄道所有の犬山入鹿池付近の広大な土地に,重要文化財9点を含む 60余を移築した。第八高等学校正門,三重県庁舎,西郷従道邸,聖ザビエル天主堂,呉服座など国内の明治建築はもとより,ハワイ移民集会所 (ヒロ市) など海外の建築や,様式上関連ある大正期の建築にまで収集の範囲を広めている。ほかにも,明治期の生活を伝える機械や書籍,版画,民俗資料など約2万点を収蔵,展示する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

明治村【めいじむら】

愛知県犬山市,入鹿(いるか)池畔にある施設。1965年建築家谷口吉郎名古屋鉄道(名鉄)が,明治時代の文化遺産を保存するため創設。面積約100万m2。聖ヨハネ教会堂,西郷従道邸,東山梨郡役所,三重県庁舎,品川灯台,札幌電話交換局,呉服座,夏目漱石邸,森鴎外邸などと,風俗資料を収集。正式名は公益財団法人博物館明治村。
→関連項目帝国ホテル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

明治村

愛知県犬山市にあるレジャー施設。1965年3月オープン。明治時代の建築物を移設した野外博物館。日本の近代化の歴史を紹介する展示や体験コーナーのほか、ミニSLなどの乗り物もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいじむら【明治村】

正式には財団法人博物館明治村。愛知県犬山市所在。約100万m2の敷地に明治時代の建築を中心に移築展示する。民間の文化財保存として日本屈指の事業である。第2次大戦後,明治建築の急速な破壊消滅を前に,建築家谷口吉郎が中部財界の指導者であった名古屋鉄道の土川元夫(1903‐74)と図り,1961年明治建築の保存活用を目的に準備委員会として発足した。翌年財団法人認可,入鹿池西側の当初50万m2の敷地に,63年西郷従道邸(重要文化財)移建着工を皮切りとして開村への準備が始まり,65年展示建築物15件で開館した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めいじむら【明治村】

愛知県犬山市にある野外博物館。明治期の建物が風俗資料とともに移転・復元されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治村
めいじむら

愛知県北西部、犬山市にある明治時代の代表的建造物を移築した野外博物館。面積100万平方メートル、入鹿(いるか)池の西岸に沿って広がる。建築家の谷口吉郎(たにぐちよしろう)と名古屋鉄道社長の土川元夫(つちかわもとお)の発案、経営は名古屋鉄道で1965年(昭和40)開村した。旧西郷従道(つぐみち)住宅、旧日本聖公会京都聖約翰(かん)教会堂(聖ヨハネ教会堂)、旧山梨県東山梨郡役所、旧品川灯台、旧菅島(すがしま)灯台付属官舎、旧三重県庁舎、旧札幌電話交換局舎、旧東松家住宅、芝居小屋旧呉服(くれは)座、旧伊勢郵便局舎(宇治山田郵便局舎)(以上、国指定重要文化財)のほか、明治の文豪幸田露伴(ろはん)住宅「過牛庵(かぎゅうあん)」、森鴎外(おうがい)や夏目漱石(そうせき)が住んだ住宅、西園寺公望(さいおんじきんもち)別邸「坐漁(ざぎょ)荘」、帝国ホテル中央玄関、旧制八高の正門などもある。名古屋市から直通バスがある。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

明治村の関連キーワード博物館明治村 宵の明治村帝国ホテル・ライト館飛騨木曽川国定公園ブリュナエンジン名古屋鉄道[株]愛知県犬山市内山帝国ホテル東京名鉄インプレス板倉 源太郎川添 ゆき子岸田 伊之助野田 宇太郎村松 貞次郎ガーディナー田山 方南山崎 俊雄村松貞次郎岸田伊之助谷口 吉郎板倉源太郎

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治村の関連情報