コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土手のお六 どての おろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土手のお六 どての-おろく

歌舞伎の登場人物。
江戸の日本堤(吉原土手)で引き手茶屋をいとなんでいたことのある女性。この土手で人を殺し,また伝法な啖呵(たんか)でゆすりをする毒婦だが,根っからの悪人ではない。4代鶴屋(つるや)南北の狂言「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」「杜若艶色紫(かきつばたいろもえどぞめ)」などの作品に登場。5代岩井半四郎が演じ評判となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の土手のお六の言及

【杜若艶色紫】より

…1815年(文化12)5月江戸河原崎座初演。配役は土手のお六・八ッ橋を5世岩井半四郎,願哲を5世松本幸四郎,次郎左衛門・伝兵衛を7世市川団十郎等。〈佐野八橋物〉の先行作には並木五瓶の《青楼詞合鏡(さとことばあわせかがみ)》などがあるが,南北はこれを書き直し,土手のお六,小三とその愛人金五郎を加えた。…

※「土手のお六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土手のお六の関連キーワード岩井半四郎(5代)お染久松色読販悪婆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android