コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本堤 ニホンヅツミ

大辞林 第三版の解説

にほんづつみ【日本堤】

江戸浅草聖天町から三輪みのわに至る山谷堀の土手。1620年在府の諸侯の協力で荒川治水の目的でつくられたもの。新吉原へ通う道でもあった。現在、台東区北部の地名として残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本堤
にほんづつみ

東京都台東(たいとう)区内の隅田(すみだ)川(大川)から北西に向かう堀割に沿って築かれた堤。浅草7丁目(旧聖天(しょうでん)町)から三ノ輪(みのわ)まで総延長13町(1.4キロメートル)余。堤のほぼ中間から新吉原へ通じる五十間道があり、遊客の通路として利用されたことで名高い。聖天町から山谷(さんや)橋へ向かう別の堤とあわせて二本堤だったとも、全国の諸大名が60余日で完成したので日本堤だともいうが、構築年とともに確証はない。この堤の聖天町際から五十間道までの385間2尺(6町余)を俗に土手八丁といった。なお、堤から下りて行く五十間道の坂の部分を衣紋(えもん)坂というのは、遊客が着物の衣紋を直したからといわれる。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本堤の関連キーワード高尾(妙心高尾)山谷・三野・三谷都家 かつ江東京都台東区半鐘八右衛門大黒屋庄六戸村 政博土手のお六台東(区)戸村政博見返り柳山谷堀衣紋坂新吉原土手節投込寺諸侯山谷浅草

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本堤の関連情報