コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒婦 ドクフ

デジタル大辞泉の解説

どく‐ふ【毒婦】

人をだましたりおとしいれたりする無慈悲で性根の悪い女。奸婦(かんぷ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どくふ【毒婦】

邪悪な女。奸婦かんぷ。 「 -高橋お伝」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の毒婦の言及

【高橋お伝】より

…明治期の代表的毒婦とされる人物。上州利根郡下牧村生れ,父は旧沼田藩家老広瀬半右衛門(口供書)とも信州無宿の博徒鬼神の清吉ともいわれる。…

【毒婦物】より

…歌舞伎狂言の一系統。女だてらに男勝りの強請(ゆすり)や人殺しをする〈毒婦〉を主人公とした作品の総称。歌舞伎では毒婦の役柄を〈悪婆〉というので,悪婆物とも称する。…

【鳥追お松】より

…明治初期毒婦小説の代表的ヒロイン。お松が実在の人物かどうかは未詳だが,1877‐78年久保田彦作の《鳥追阿松海上新話》が《仮名読新聞》に連載された当時は,〈小屋粂三(くめさ)〉といわれて評判高く,実在性が信じられていた。…

※「毒婦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毒婦の関連キーワード沢村 源之助(4代目)花笠 文京(2代目)沢村源之助(4代)沢村田之助(3世)毒・独・獨・読・讀岩井半四郎歌舞伎細見三日月お仙土手のお六沢村源之助沢村田之助仮名垣魯文妲己のお百浅野 雪子横瀬 夜雨妲妃のお百五月 信子松梨智子夜嵐お絹中川信夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毒婦の関連情報