土神(読み)つちのかみ

精選版 日本国語大辞典「土神」の解説

つち‐の‐かみ【土神】

[1] 〘名〙
土地をつかさどる。地祇。
※法華経音訓(1386)「祇 ツチノカミ」
をつかさどる神。埴安姫(はにやすひめ)、埴山姫、埴安神の類。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「臥(ふ)しながら、土(ツチ)の神埴山姫(はにやまひめ)、及び、水(みつ)の神罔象(みつは)の女(め)を生む」
※今昔(1120頃か)二四「慈岳の川人と云ふ陰陽師有けり。〈略〉の度大きに誤候にけり。此に地神追て来(きたり)にたる也」

ど‐じん【土神】

〘名〙 土の神。土地の神。
教訓抄(1233)二「是、地祇土神(トシム)、入酔狂舞乙(かなづる)姿也」 〔宋書‐明帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android