コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土肥二三 どひ じさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土肥二三 どひ-じさん

1639-1732 江戸時代前期-中期の武士,茶人。
寛永16年生まれ。三河(愛知県)吉田藩につかえる。のち京都岡崎に草庵(そうあん)をたて,風流に専念して余生をおくった。織田貞置(さだおき)にまなんだ有楽(うらく)流の茶の湯をはじめ,香道,挿し花,琵琶(びわ)にも長じていた。享保(きょうほう)17年1月6日死去。94歳。姓は土岐とも。名は豊隆。通称は孫兵衛別号に自在軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土肥二三

没年:享保17.1.6(1732.2.1)
生年:寛永16(1639)
江戸前期の茶人。土岐二三とも。名は豊隆,通称孫兵衛。生没年には異説もある。三河吉田の牧野成貞に仕え,物頭役200石。茶,琵琶,香にすぐれ,伽羅の名香や銘「杜鵑」の琵琶を所持した。茶の湯は織田貞置に有楽流を学ぶ。元禄3(1690)年致仕して京都岡崎に隠棲。「火宅ともしらで火宅にふくめしは直に自在の鑵子なりけり」の歌を作り,自在軒と号したという。近衛家煕,鷹司輔信らと交流,数寄者として知られた。

(谷端昭夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

土肥二三の関連キーワード鎖国モレホン松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス鎖国松花堂昭乗モンフルーリ会津騒動

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android