コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田藩 よしだはん

3件 の用語解説(吉田藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田藩
よしだはん

(1) 江戸時代三河国 (愛知県) 豊橋地方を領有した藩。池田氏 15万 2000石に始り,慶長6 (1601) 年以降松平 (竹谷) 氏3万石,松平 (深溝) 氏3万石,水野氏4万石 (のち4万 5000石) ,小笠原氏4万 5000石 (分知ののち4万石) ,久世氏5万石,牧野氏8万石,松平 (大河内) 氏7万石,松平 (本庄) 氏7万石を経て,寛延2 (1749) 年より松平 (大河内) 氏が7万石で在封。明治2 (1869) 年豊橋藩と改称,廃藩置県にいたった。松平 (大河内) 氏は譜代,江戸城溜間詰。 (2) 江戸時代,伊予国 (愛媛県) 宇和郡の一部を領有した藩。明暦3 (1657) 年同国宇和島藩第2代藩主伊達宗利が弟宗純に3万石を分与したのに始る。以後継続して廃藩置県にいたった。外様,江戸城柳間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

よしだはん【吉田藩】

江戸時代三河(みかわ)国渥美(あつみ)郡吉田(現、愛知県 豊橋市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は時習館。1601年(慶長(けいちょう)6)、徳川氏譜代の重臣松平(竹谷(たけのや))家清(いえきよ)が3万石で入封(にゅうほう)して立藩。子の忠清(ただきよ)に嗣子(しし)がなく改易(かいえき)となって以後は、幕府の要職を占める譜代大名が交代で藩主となった。松平(深溝(ふこうず))忠利(ただとし)以下2代、水野忠清(ただきよ)、水野忠善(ただよし)、小笠原忠知(ただとも)以下4代、久世重之(くぜしげゆき)、牧野成春(なりはる)以下2代、松平(大河内(おおこうち))信祝(のぶとき)、松平(本庄(ほんじょう))資訓(すけのり)と、3万石~8万石で転入封が続いた。1749年(寛延(かんえん)2)に松平(大河内)氏が再度封ぜられ、信復(のぶなお)が7万石で藩主となって以後は定着、明治維新まで7代続いた。1869年(明治2)に豊橋藩と改称したが、71年の廃藩置県で豊橋県となり、その後、額田(ぬかた)県を経て翌年愛知県に編入された。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだはん【吉田藩】

三河国(愛知県)吉田に藩庁を置いた譜代中小藩。1869年(明治2)版籍奉還の際,豊橋藩と改称。1601年(慶長6)松平(竹谷)家清,12年松平(深溝)忠利,32年(寛永9)水野忠清,42年水野忠善,45年(正保2)小笠原忠知,97年(元禄10)久世重之,1705年(宝永2)牧野成春,12年(正徳2)松平(大河内)信祝(のぶとき),29年(享保14)松平(本庄)資訓,49年(寛延2)松平(大河内)信復(のぶなお)と,近世中期まで大名の交替が相次ぎ,歴代には小笠原長重,久世重之,松平信祝,信明(のぶあきら),信順(のぶより),信古(のぶひさ)と幕府の要職についたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田藩の関連情報