コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土運船 どうんせん

2件 の用語解説(土運船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土運船
どうんせん

はしけの一種で,浚渫船で掘上げた土砂を土捨場へ運搬する船。幅広の船体で,平底になっており,泥倉をもつ。船底の扉を開いて土砂を投棄するものを泥倉船 (底開船) といい,また側部が開くようになったものを側開船という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土運船
どうんせん

港や水路などでの浚渫(しゅんせつ)工事で海底から掘った土砂を捨て場まで運んだり、埋立て用の山砂などを積出し基地から運搬する土運び船の総称。土砂運搬船。底開型(開底船)といって自らホッパーを装備し、これを開いて船底から土砂を捨てる形式のホッパー船と、箱型といって土砂を艀(はしけ)に搭載し、これをプッシャー(押し船)で現場まで運航し、グラブなどで土砂の揚げ・捨て作業を行うプッシャーバージ形式がある。最近では、海浜での大規模埋立てや人工島の造成工事などの要求から、数千立方メートルの土砂運搬能力をもつ大型土運船が出現している。[岩井 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone