コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧延鋼材 あつえんこうざいrolled steel

1件 の用語解説(圧延鋼材の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧延鋼材
あつえんこうざい
rolled steel

圧延機を使って塑性変形を加え生産した鉄鋼製品。平炉で得た鋼塊を分塊して鋼片とし,これを棒鋼圧延機,鋼板圧延機などで加工して製品とする。一般的に圧延工法としては,鋼塊から厚板または形鋼などを作る際に常温加工の困難な材料を再結晶温度以上に加熱した状態で圧延する熱間圧延,おもに加工硬化仕上げなどの際に常温で圧延する冷間圧延がある。種類は条鋼,鋼板,鋼管,外輪に大別され,条鋼は棒鋼,形鋼,軌条,線材に,鋼板は厚板,薄板,帯鋼,表面処理鋼板に細分される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圧延鋼材の関連情報