表面処理鋼板(読み)ひょうめんしょりこうはん(英語表記)surface treated sheet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表面処理鋼板
ひょうめんしょりこうはん
surface treated sheet

耐食・耐久・強化・外観美化などの目的で表面に鍍金 (めっき) ,被膜などした鋼板。亜鉛を被膜したトタン板,錫を塗膜したブリキ板は鋼鈑を電気鍍金または溶融金属の中に浸して被膜する。ガラス質の釉 (うわぐすり) を 1000℃以下で融着被膜した琺瑯 (ほうろう) には,耐食性が良いガラスライニングと耐熱性が良いセラミックコーティングとがある。合成樹脂を被膜する技術が進んだので,耐食性の美しい樹脂被膜鋼板が作られるようになり,焼付け被膜したものは耐熱性にも優れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

表面処理鋼板【ひょうめんしょりこうはん】

表面に,耐食性や装飾的効果の向上,塗装の省略などを目的とする種々の処理を施した薄鋼板の総称。めっきによるトタンブリキをはじめ,リン酸塩クロム酸塩で処理した化成処理鋼板,ビニル鋼板その他の合成樹脂被覆鋼板,合成樹脂塗料を焼付け塗装した塗装鋼板など,多くの種類がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうめんしょりこうはん【表面処理鋼板】

あらかじめ工場内で金属表面処理を施した鋼板のことで,主として防食の目的で使われる。昔からの代表的な製品はブリキ(スズめっき鋼板),トタン(亜鉛めっき鋼板)である。ほかにも塩ビ鋼板(塩化ビニル被覆鋼板),ティンフリー鋼板(ブリキに代わる製缶用材料として日本で開発されたもので,金属クロムとクロムの水和酸化物混合物の皮膜を処理したもの),溶融アルミニウムめっき鋼板,ターンプレートterneplate(スズと鉛の合金であるはんだ合金を被覆した鋼板),銅めっき鋼板,ホウロウ鋼板(鋼材に近い線膨張係数をもつ低温釉薬を表面に加工した鋼板)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android