コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在原古玩 ありはら こがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

在原古玩 ありはら-こがん

1829-1922 幕末-大正時代の日本画家。
文政12年8月4日生まれ。土佐派の荒井尚春,長谷川雪堤(せってい)にまなび,人物画を得意とした。内国勧業博覧会,日本美術協会などに出品し入賞。大正11年8月12日死去。94歳。江戸出身。本姓は古屋。名は重寿。別号に鳩杖翁,昔男軒。作品に「船上山」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

在原古玩の関連キーワード島津保次郎ピウス8世ユゴーアイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ西アジア史(年表)ギリシャ独立戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android