コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川雪堤 はせがわ せってい

美術人名辞典の解説

長谷川雪堤

幕末・明治の日本画家。江戸生。雪旦の長男。通称は後藤宗一、別号雪江・梅紅・松斎等。絵を父に学び、名所絵を得意とした。明治15年(1882)歿、70才〔一説に64才〕。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川雪堤 はせがわ-せってい

1819-1882 江戸後期-明治時代の画家。
文政2年生まれ。長谷川雪旦(せったん)の長男。父にまなび,名所絵にすぐれた。父とともに「東都歳事記」に挿絵をかいた。明治15年3月15日死去。64歳。一説に文化10年(1813)生まれ,享年70歳とも。江戸出身。姓は後藤。通称は宗一。別号に松斎,梅紅,巌松斎,雪汀。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長谷川雪堤の関連キーワード明治時代声曲類纂在原古玩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android