コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主悌助 じぬし ていすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

地主悌助 じぬし-ていすけ

1889-1975 昭和時代の洋画家。
明治22年7月12日生まれ。坂本繁二郎に師事。のち師範学校や郷里の中学校教師となるが,昭和29年から画業に専念。石,瓦(かわら),野菜など身近な静物をえがく。46年日本芸術大賞。昭和50年11月26日死去。86歳。山形県出身。号は白道

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

地主悌助の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android