地団駄を踏む(読み)ジダンダヲフム

  • じだんだ
  • を 踏(ふ)む
  • 地団駄
  • 地団駄(じだんだ)を踏(ふ)・む

精選版 日本国語大辞典の解説

怒りや悔しさに身もだえしながら、はげしく地を踏みならす。じたたらを踏む。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・傾城禁短気(1711)二「船底の抜ける程じだんだ踏(フ)みて腹を立るを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android