コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地形性降水 ちけいせいこうすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地形性降水
ちけいせいこうすい

水蒸気を多量に含んだ気流が山などを越えるときに,山の風上側で上昇気流が生じるために起こる降水。冬季に脊梁山脈の日本海側に降る雪や,おもに暖候期に湿った空気が山脈に吹きつけて降る雨は地形性降水である。台風接近時に台風からの湿った強風が太平洋側の山岳などで大雨を降らせるのも一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちけいせい‐こうすい〔‐カウスイ〕【地形性降水】

山脈に吹きつけられた気流が斜面に沿って上昇し、断熱膨張によって冷却し、水蒸気凝結して降る雨や雪など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

地形性降水の関連キーワードブリティッシュ・コロンビア

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android