コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地形性降水 ちけいせいこうすい

2件 の用語解説(地形性降水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地形性降水
ちけいせいこうすい

水蒸気を多量に含んだ気流が山などを越えるときに,山の風上側で上昇気流が生じるために起こる降水。冬季に脊梁山脈日本海側に降る雪や,おもに暖候期に湿った空気が山脈に吹きつけて降る雨は地形性降水である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちけいせい‐こうすい〔‐カウスイ〕【地形性降水】

山脈に吹きつけられた気流が斜面に沿って上昇し、断熱膨張によって冷却し、水蒸気凝結して降る雨や雪など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地形性降水の関連キーワード笠雲湿舌沖を越える宝庫死線を越える乗越える度を越える度を越す炭酸孔水蒸気脱溶剤法

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone