コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地本問屋 じほんどいや

1件 の用語解説(地本問屋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じほんどいや【地本問屋】

地本草紙問屋とも。地本を出版する本屋。地本とは〈江戸で出版された本〉という意。江戸中期以後,江戸の町では京坂とちがって娯楽用の絵入り本の出版が盛んになった。これを特に地本という。赤本,黒本,青本,黄表紙,合巻などである。これらを出版した本屋で,鶴屋喜右衛門,蔦屋重三郎鱗形屋うろこがたや)孫兵衛,和泉屋市兵衛,村田屋次郎兵衛西村屋与八など,有名店が多くある。1853年(嘉永6)には146軒あった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地本問屋の関連キーワード地本重板書店蔦屋古本屋本屋版元竹内眉山富川房信西村屋与八(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone