コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地本問屋 じほんどいや

世界大百科事典 第2版の解説

じほんどいや【地本問屋】

地本草紙問屋とも。地本を出版する本屋。地本とは〈江戸で出版された本〉という意。江戸中期以後,江戸の町では京坂とちがって娯楽用の絵入り本の出版が盛んになった。これを特に地本という。赤本,黒本,青本,黄表紙,合巻などである。これらを出版した本屋で,鶴屋喜右衛門蔦屋重三郎鱗形屋(うろこがたや)孫兵衛,和泉屋市兵衛,村田屋次郎兵衛,西村屋与八など,有名店が多くある。1853年(嘉永6)には146軒あった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

地本問屋の関連キーワード鶴屋喜右衛門(3代)西村屋与八(2代)稗史億説年代記鱗形屋孫兵衛山々亭有人ぞっき本西宮新六富川房信書物問屋浮世絵永寿堂

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地本問屋の関連情報