コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗形屋 うろこがたや

世界大百科事典 第2版の解説

うろこがたや【鱗形屋】

江戸の代表的草紙屋の屋号。大伝馬町3丁目にあった。万治から元禄(1660年ころから90年ころ)までは通称三左衛門,のちは孫兵衛と称す。1780年(安永9)ころ廃業。浄瑠璃本屋として知られ多くの古浄瑠璃を出版。また,《花咲爺》《桃太郎》《舌切雀》などの赤本仮名草子吉原細見を出版。菱川師宣の《高屛風くだ物語》もここから出ている。地本問屋【宗政 五十緒】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鱗形屋の言及

【永寿堂】より

…栄寿斎,また山巴亭青江とも号す。江戸の地本問屋として旧家である鱗形屋(うろこがたや)の次男。馬喰町2丁目角に店があった。…

※「鱗形屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鱗形屋の関連キーワード西村屋与八(2代)長瀬産業[株]鱗形屋孫兵衛蔦屋重三郎江都二色長瀬産業金平本草子紙永寿堂

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android