コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球構造学 ちきゅうこうぞうがくgeognosy

1件 の用語解説(地球構造学の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

地球構造学

ウェルナー(Werner)が1780年頃に定義したもので,地球全体およびこれを作る鉱物や岩石の産状,生成,相互関係を考える学問.地質学とは異なり,地殻の生成起源についての考察はしなかった[木村ほか : 1973].地球の知識で,地球に関する事実によって作り上げ,それらを推測する地質学とは区別される[Page : 1859].ギリシャ語のgeoは地球・土を,gnosisは知識の意味.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

地球構造学の関連キーワード花崗岩山石鹸軟玉岩ティチング前古典派音楽Siemensウェルナリズム水成論陶碧玉斑岩片岩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone