コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球温暖化対策のための税 ちきゅうおんだんかたいさくのためのぜい

1件 の用語解説(地球温暖化対策のための税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

地球温暖化対策のための税

地球温暖化対策(エネルギー起源CO2排出抑制対策)を強化するため、日本で2012年10月1日から施行されている税。一般に「地球温暖化対策税」ともいわれ、石油やガスなどの化石燃料の利用において排出されるCO2の量に応じて税率を上乗せするもの。税率は12年10月、14年4月、16年4月の3段階に分けて引き上げられ、最終的にCO2排出量1トン当たり289円の増税となる。環境省による単純試算では、16年4月の段階で、平均的な世帯における負担は月100円程度とされている。税収は、12年度が391億円、16年度以降が2623億円と見込まれている。

(2014-3-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地球温暖化対策のための税の関連キーワード熱エネルギー一次エネルギー温暖化非化石エネルギー法地球温暖化対策税地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策ガスエネルギー館地球温暖化対策推進法CO2排出量取引EUの地球温暖化対策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地球温暖化対策のための税の関連情報