コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地縁による団体 ちえんによるだんたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地縁による団体
ちえんによるだんたい

地方自治法上の用語で,自治会町内会など町または字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体のこと。いわゆる「権利能力なき社団」とされるが,市町村長認可を受けたときは法人格を取得することができる。なお,第2次世界大戦のときの反省から,認可を受けた地縁による団体を行政組織の一部とすることを意味するものと解釈してはならないとされている (260条の2) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地縁による団体の関連キーワード権利能力のない社団・財団

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android