自治会(読み)じちかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自治会
じちかい

(1) 児童,生徒,学生が学校生活を自主的に運営する集団として構成する活動組織。小学校の児童会中学校高等学校生徒会,大学の学生自治会などがある。第2次世界大戦後,民主的社会の市民を育成する場として重要視された。しかし,話合い形式化少数役員だけによる運営,実践と討議遊離などが原因で,教育的機能は十分に発揮されていない。わずかに,生活指導運動のなかで,学級やクラブなど小さな組織を単位として自治会の活動を充実させようとする努力が試みられている。 (2) 同じ住居地域住民が,共同利益の実現や親睦のためにつくった自治組織

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自治会

市町村の字など一定区域に住所をもつ人たちが住民自治や親睦のためにつくる地縁団体。総務省によると、団体数は約30万(2013年)。「町内会」や「区」など地域によって呼び方が違う。行事や慶弔防災などの活動を共同で行うほか、行政から広報誌配布などを委託される場合もある。原則、加入や退会は自由にできるが、未加入者が自治会管理のごみ集積場の使用を拒否されるなど、トラブルの例もある。

(2017-12-03 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

じち‐かい〔‐クワイ〕【自治会】

学生・生徒が学校生活を自主的に運営していくための組織。
同一地域の居住者が、自分たちの共通利益の実現と生活の向上を目的として作る組織。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じちかい【自治会】

学生が学校生活を自治的に運営していくために作る組織。学生自治会。
同一地域の居住者または民間団体が、自分たちの社会生活を自治的に運営していくために作る組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自治会
じちかい

地縁団体の一つ。一定の区域の世帯や事業所が参加し、地域的な課題に主体的に取り組みながら区域の管理にあたる自治組織である。自治会には、地方自治法などに規定された要件を満たし、土地や建物などの不動産登記や財産所有が可能な法人格をもつ認可地縁団体と、法律上の権利や義務の主体とならない権利能力なき社団に位置づけられる団体の2種類がある。総務省の2013年(平成25)の調査によれば、全国で29万8700の自治会や町内会などの地縁団体が存在する。名称に関する定義はなく、ほかに町会、区会、区などの呼称が用いられている。なおここでは、学生自治会などには触れない。
 歴史的にみると、近隣の互助組合であった隣保組織を基盤として、1940年(昭和15)に行政組織としての町内会、その下部組織としての隣組が全国的に整備された。これらの組織は、終戦後の1947年(昭和22)に廃止されたが、形式上解体されたものの、その枠組みだけは地域に残った。そして、占領下の法的規制が徐々になくなると、以前の枠組みに基づいて、町内会として復活させる地域があらわれたほか、町内会の連合組織や、団地管理組織、マンションの管理組合などの新たな地縁団体がつくられ、自治会という名称が広く用いられるようになった。このような経過をたどった地域は多く、場所によっては、町内会にあたる団体を行政区自治会、隣組にあたる団体を集落自治会とよび、現在も上下関係が存続しているところもある。
 今日の自治会は、地域の課題解決や地域文化の継承、住民の親睦(しんぼく)といった活動のほか、市区町村から住民への情報伝達をはじめとする、行政と住民の連絡窓口としての役割を果たしている。おもな活動として、以下のようなものがある。(1)市区町村からの依頼への対応や住民への情報伝達。(2)ごみ集積所の共同管理、清掃や防犯などの取組み、伝統行事などの運営。(3)社会福祉や募金運動などへの協力。(4)地域の要望の合意形成や自治活動。このような活動に加え、地域の安全管理や自主防災の取組み、独居老人や老老介護などに対する住民同士の見守りと助け合いなど、新たな地域的課題にも対応が必要とされる。しかし、自治会などの地縁団体への加入率は、全国的に年々低下しており、構成員の高齢化や担い手不足が深刻な状況にあるため、従来の地域活動さえ維持できなくなっている団体が少なくない。今後はこれまで自治会とは異なるコミュニティであった消防団、婦人会、PTA、福祉関係団体などが、一つの枠組みのなかで協力しあうことが重要な課題となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じち‐かい ‥クヮイ【自治会】

〘名〙
① 学校で、児童・生徒・学生が、学校生活を自主的に営みながら、民主的な社会の一員としての資性を啓発していく活動。自治活動のための組織。小学校では児童会、中学・高校では生徒会、大学では学生自治会などという。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉二「舎生に自治会を開かせて委せきりにした方がいいと思ひます」
② 民間団体または、同一地域に住む人々などが、自分たちの社会生活を自主的に運営していくためにつくった組織。また、その集まり。
※蝮のすゑ(1947)〈武田泰淳〉二「自治会へ行く途中、衛兵の立ってゐる場所が一つある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自治会の関連情報