コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

権利能力 けんりのうりょく

6件 の用語解説(権利能力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

権利能力
けんりのうりょく

権利の主体となることのできる法律上の資格をいい,法的人格,法人格ともいう。権利能力を有する者としては,人 (自然人 ) と法人とがある。人にはかつては奴隷のように権利能力のない者があったが,近代法ではすべての人間に出生とともにこれを認める (民法1条ノ3) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんり‐のうりょく【権利能力】

権利および義務の主体となることができる法律上の資格。自然人は出生により、法人設立行為の完了によってこれを取得する。義務能力

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

権利能力【けんりのうりょく】

私法上,権利・義務の主体となり得る資格。権利能力を有するものは自然人と法人である。近代法は,国籍・階級・職業・年齢・性等による差別を設けず,すべての自然人に出生と同時に平等の権利能力を認める。
→関連項目死亡出生胎児特許法人格

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんりのうりょく【権利能力 Rechtsfähigkeit[ドイツ]】

権利をもつことのできる能力ないし適格性を意味する法律上の概念で,19世紀前半にドイツ普通法学によって構成された。人間は,出生から生物学的意味での死亡(失踪宣告による擬制死亡を含まず)に至るまで,性別,年齢,門地,個々の身体的・精神的能力等々の差異をいっさい問われることなしに,すべて,完全かつ平等の権利能力を認められる(ドイツ民法1条,日本民法1条ノ3)。そして,このことの実質的・社会的意義は,権利能力があってはじめて,すべての人間が〈人〉としての法律上の保護を完全かつ平等に受けうる,という点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんりのうりょく【権利能力】

私法上、権利および義務の主体たりうる資格および法的地位。自然人と法人に認められる。 → 行為能力

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

権利能力
けんりのうりょく

法律上、権利義務の主体となることのできる地位または資格。法的人格ともいう。近代法において権利能力を有するものは、自然人と法人である。まず自然人については、歴史的にはかならずしもすべての者が権利能力を有していたわけではなかった。たとえば、古代の大家族制度の下における奴隷は権利能力を有していなかったし、中世封建社会の農奴は限定された権利能力しか有していなかった。しかし、近代法の下では、すべての自然人が完全かつ平等な権利能力を有する(民法1条ノ3参照)。その始期は出生であり、終期は死亡である。次に、法人とは、自然人以外のもの(人の集団である社団または財産の集合体である財団)であって権利義務の主体となることのできるものである。近代法の成立期においては、個人主義的思想を背景として法人は最小限度にしか認められていなかったが、その後の資本主義経済の発達とともに、各種の団体が法人として認められるようになっている。なお、権利能力は行為能力と区別されなければならない。というのは、後者は、法律行為を自ら現実になしうる能力を意味するからである。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

権利能力の関連キーワード証拠能力別除権原告適格超能力権能購買力効力債権者同権秘密取扱者適格性確認制度

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

権利能力の関連情報