地震活動等総合監視システム(読み)じしんかつどうとうそうごうかんしシステム(英語表記)Earthquake Phenomena Observation System; EPOS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震活動等総合監視システム
じしんかつどうとうそうごうかんしシステム
Earthquake Phenomena Observation System; EPOS

気象庁地震観測データ処理・解析システム。略称エポスと読む。地震情報や津波警報・注意報を迅速かつ正確に発表するため,全国各地からリアルタイムで送られる地震計体積ひずみ計などのデータによって,日本および周辺地域で発生する地震や津波を 24時間体制で監視する。また東海地震(→東海地震モデル)の予知確度の向上を目指し,想定される震源域近辺での地震活動・地殻変動についても監視を行なう。全国 4ヵ所の管区気象台・沖縄気象台では地震津波監視システム Earthquake and Tsunami Observation System; ETOSが運用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android