コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波警報注意報 ツナミケイホウチュウイホウ

2件 の用語解説(津波警報注意報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つなみけいほう‐ちゅういほう【津波警報・注意報】

地震が発生した時に気象庁が発表する、津波に関する警報・注意報大津波警報津波警報津波注意報の3種類がある。
[補説]予想される津波の高さは、通常「1m」「3m」「5m」「10m」「10m超」の5段階の数値で発表されるが、マグニチュード8を超えるような巨大地震の場合は、地震の規模が正確に把握できるまでは「巨大」「高い」という言葉で発表される。

津波警報・注意報の種類
種類発表基準発表される津波の高さ(津波の高さ予想の区分)想定される被害と取るべき行動
大津波警報予想される津波の高さが高いところで3mを超える場合。10m超(10m<予想高さ)
10m(5m<予想高さ≦10m)
5m(3m<予想高さ≦5m)
※巨大地震の場合の最初の警報:巨大
木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波警報予想される津波の高さが高いところで1mを超え、3m以下の場合。3m(1m<予想高さ≦3m)
※巨大地震の場合の最初の警報:高い
標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生します。人は津波による流れに巻き込まれます。ただちに海岸や川沿いから離れ、高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波注意報予想される津波の高さが高いところで0.2m以上、1m以下の場合であって、津波による災害のおそれがある場合。
1m(0.2m≦予想高さ≦1m)
海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。ただちに海から上がって、海岸から離れてください。

気象庁ホームページより)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津波警報・注意報

従来は高さ0.5メートルが注意報、1~2メートルが警報、3メートル以上が大津波警報だったが、東日本大震災後、気象庁は発表方法を見直した。巨大地震の場合、高さ「○メートル」などと具体的には明示せず、高さ区分を8段階から5段階程度にする方針。

(2011-11-10 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津波警報注意報の関連キーワードコークス小沼ゼロメートル地帯注意報ビッグベンデカメートルデシメートル平方メートル量的津波予報津波避難タワー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津波警報注意報の関連情報