コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂崎侃 さかざき かん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂崎侃 さかざき-かん

1894-1965 大正-昭和時代の哲学者。
明治27年3月23日生まれ。坂崎紫瀾(しらん)の長男。旧制松山高,旧制浦和高,東京文理大,東京教育大,千葉大などの教授をつとめた。その間,ドイツで科学史などを研究。東京文理大では日本ではじめて科学哲学を講義した。昭和40年8月8日死去。71歳。高知県出身。東京帝大卒。著作に「範疇(はんちゅう)論」「論理学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂崎侃の関連キーワード昭和時代坂崎 斌

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android