コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂戸座 サカドザ

大辞林 第三版の解説

さかどざ【坂戸座】

大和猿楽四座の一。大和国坂戸にあった。のちに金剛座となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の坂戸座の言及

【金剛流】より

…能のシテ方の流派名。坂戸郷と呼ばれた奈良県生駒郡平群(へぐり)町付近を本拠地として法隆寺に奉仕した坂戸座(鎌倉時代から記録所見)が源流らしく,室町初期には春日興福寺に勤仕する大和猿楽四座の一つとなった。1721年(享保6)に幕府へ提出した書上(かきあげ)および家元の系図では,足利義満時代の坂戸孫太郎氏勝(1280‐1348)を流祖とし,金剛三郎正明(1449‐1529)から金剛姓とするが,確実なことはわからない。…

【能】より

…日本芸能の種目名。通常,猿楽能を指す。広義には歌舞劇の一般名で,ほかに田楽能(でんがくのう)(田楽)があり,延年の歌舞劇を便宜上,延年能と呼ぶこともある。猿楽能は,南北朝時代から室町時代初期にかけて発達し,江戸時代中期にほぼ様式の完成を見たが,他の能はこうした発達を遂げないままに終わった。以下,猿楽能についてだけ述べる。猿楽能は屋根のある専用舞台をもち,面(おもて)を用い,脚本,音楽,演技に独自の様式を備え,猿楽狂言(通常,単に狂言と称する)と併演する芸能である。…

【大和猿楽】より

…この薪猿楽や若宮祭に出勤した猿楽は後の円満井座の祖と考えられるが,彼らは鎌倉時代に入ると京都や近江にまで進出して,〈奈良猿楽〉などと呼ばれている。これは大和猿楽の活動がようやく活発になってきたことを示すもので,鎌倉初期にはこの円満井座の祖と思われる猿楽のほかにも,法隆寺属の坂戸座,長谷寺属の長谷猿楽の存在が知られる。こうして,外山,結崎,坂戸,円満井の四座が,大和一国に強大な支配を誇った興福寺属となり,これが大和における代表的な猿楽座となるわけであるが,興福寺への四座参勤という形態がいつ始まったかは不明である。…

※「坂戸座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坂戸座の関連キーワード大和四座金剛権守金剛右京金剛流金剛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android