コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結崎 ゆうさき

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうさき【結崎】

大和国城(式)下(しきのしも)郡の地名。現奈良県磯城郡川西町大字結崎。奈良盆地中央部の低地で,寺川右岸に位置する。魚崎夕崎とも書く。鎌倉時代から地名として土地売券等に所見するが,荘園としての領有関係は未詳興福寺か春日社領であった可性があり,地域内に春日社末社があったという。江戸時代初期の結崎村は2255石余(元和郷帳)。結崎が歴史地名として著名なのは,能楽観世座がその草創期にここに本拠をすえたことによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

結崎の関連キーワード川西[町]結崎ネブカ島の山古墳結崎あゆ花猿楽四座大和猿楽大和四座日本音楽世阿弥観阿弥観世流結崎座四座

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結崎の関連情報