坂本徳松(1)(読み)さかもと とくまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本徳松(1) さかもと-とくまつ

1817-1889 幕末-明治時代の漁業家。
文化14年生まれ。豊後(ぶんご)羽出浦(はいでうら)村(大分県鶴見町)の網元。イワシ漁に従事し,明治5年ごろ底引き網,地引き網を改良,大型化し,漁獲量を増大させた。沿岸漁業の共同化も推進。明治22年死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android