コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本浩雪 さかもと こうせつ

1件 の用語解説(坂本浩雪の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本浩雪 さかもと-こうせつ

1800-1853 江戸時代後期の医師,本草家。
寛政12年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩医の父坂本純庵に医術と本草学を,曾占春(そう-せんしゅん)に本草学をまなび,摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)につかえる。多数の写生画をのこし,菌類を分類・図説した「菌譜」や,父との共著「百花図纂」などで知られる。嘉永(かえい)6年8月26日死去。54歳。名は直大。字(あざな)は桜宇。通称は浩然。別号に永斎,香邨,純沢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

坂本浩雪の関連キーワード三角了敬阿部古仙糟谷容斎神戸習悦行徳元穆佐藤圭陰佐野宏沢田玄良百々俊道守矢祥庵