コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本浩雪 さかもと こうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本浩雪 さかもと-こうせつ

1800-1853 江戸時代後期の医師,本草家。
寛政12年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩医の父坂本純庵に医術と本草学を,曾占春(そう-せんしゅん)に本草学をまなび,摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)につかえる。多数の写生画をのこし,菌類を分類・図説した「菌譜」や,父との共著「百花図纂」などで知られる。嘉永(かえい)6年8月26日死去。54歳。名は直大。字(あざな)は桜宇。通称は浩然。別号に永斎,香邨,純沢。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

坂本浩雪の関連キーワード坂本純沢本草家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android