コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪谷善四郎 つぼや ぜんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪谷善四郎 つぼや-ぜんしろう

1862-1949 明治-昭和時代の出版人,政治家。
文久2年2月26日生まれ。博文館にはいり,編集局長をへて大正7年取締役。この間の明治34年東京市会議員となり,41年開館の市立図書館(現日比谷図書館)建設につくした。日本図書館協会会長。昭和24年3月24日死去。88歳。越後(えちご)(新潟県)出身。東京専門学校(現早大)卒。号は水哉。著作に「市制,町村制注釈」,編著に「大橋佐平翁伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の坪谷善四郎の言及

【太陽】より

博文館発行の月刊誌。1895年1月創刊。《日本大家論集》の大成功で種々の雑誌を事業の柱の一つとしてきた博文館が,94年末に政治・経済関係の雑誌を廃刊して,日清戦争後の社会変化に対応した総合雑誌として創刊した。四六倍判,本文200ページ,写真版10ページ,定価15銭。96年から99年までは月2回刊で菊判,1900年から月刊に戻って菊倍判,01年から四六倍判に戻る。初代主筆は坪谷水哉(善四郎,1862‐1949)で,以後は高山樗牛(ちよぎゆう),鳥谷部春汀(とやべしゆんてい),浮田和民,長谷川天渓(誠也),平林初之輔ら。…

※「坪谷善四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

坪谷善四郎の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎森一生サイゴン条約黒住教ドッジ・ライン今井正木下恵介中国共産党久松静児