コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直安定板 スイチョクアンテイバン

3件 の用語解説(垂直安定板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すいちょく‐あんていばん【垂直安定板】

航空機で、垂直尾翼の前部の固定部分。片揺れに対する安定と釣り合いを取るためのもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいちょくあんていばん【垂直安定板】

飛行機の垂直尾翼のうち方向舵を除いた部分。進行方向の安定を保つためのもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垂直安定板
すいちょくあんていばん
vertical stabilizer

航空機の垂直尾翼前半の固定部分。後方の可動の方向舵(ほうこうだ)とともに垂直尾翼を構成する。通常、航空機の胴体後方に機体の対称面と平行に取り付けられ、機首方向を進行方向に対して安定させる働きをもつ。第一次世界大戦初期までは、船の舵(かじ)のように垂直安定板の役割を胴体に受け持たせ、垂直尾翼は方向舵だけという飛行機もあった。
 なお、方向舵を含めた垂直尾翼の形は、航空機を側面からみた場合、航空機の個性がもっとも顕著に現れる部分で、第二次大戦までの航空機では、メーカーの伝統や機体の設計方針に従って、船の煙突と同じようにそれぞれ独得の形を与えていた。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の垂直安定板の言及

【スタビライザー】より

…縦揺れを生じ機首が上がると,尾部に取り付けられた水平安定板(通常,水平尾翼の昇降舵を除いた部分)の迎え角が増して安定板に加わる揚力が増加するため,尾部も上昇し,機体はもとの水平な姿勢に戻る。機体が片揺れする場合には,垂直安定板(通常,垂直尾翼の方向舵を除いた部分)が同様な役目をし,機体をもとの針路に戻す。このように,自動車および飛行機にもスタビライザーが装備されているが,単にスタビライザーという場合には船のスタビライザー,すなわちシップスタビライザーを指すことが多い。…

※「垂直安定板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

垂直安定板の関連キーワード垂直尾翼水平尾翼尾翼全翼機航空機関士航空便水平安定板固定翼T尾翼オイラーの固定点定理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone