コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方向舵 ほうこうだrudder

翻訳|rudder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方向舵
ほうこうだ
rudder

飛行機の操縦翼面の一つ。通常は垂直安定板の後部にヒンジで取り付けられ,操縦席の足踏みペダルと連動し,右ペダルを踏めば機首も右へ向き,左ペダルを踏めば左へ向く機構になっている。これで飛行機の前進方向を制御するばかりでなく,旋回,横滑り,左右の傾きの修正なども行なう。 (→昇降舵 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうこう‐だ〔ハウカウ‐〕【方向×舵】

飛行機の左右方向を調整する可動翼。ふつう垂直安定板の後方に取り付けられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

方向舵【ほうこうだ】

垂直尾翼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうこうだ【方向舵】

飛行機の向きを左右に変えるための舵かじ。普通、垂直尾翼の後方についている。ラダー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

方向舵
ほうこうだ
rudder

航空機の垂直尾翼の後半部の可動部分。垂直安定板の後ろ側に丁番(ちょうつがい)で留められた操縦翼面(舵面)で、昇降舵、補助翼とともに航空機の基本舵面(基本三舵)を構成する。操縦席の方向ペダルまたは踏み棒を踏み込むと、踏み込んだ方向へ機首を振るように動く。これは、舵面に風が当たることと、垂直尾翼の気流方向の断面に反り(キャンバーcamber)が生じ、反りの方向へ横向きの揚力が発生し、航空機の尾部が揚力方向へ振られるからである。しかし方向舵の操作のみでは、機首の方向を変えて横滑りをおこすだけで旋回に入らない。方向舵と同時に補助翼を操作して機体を傾けてやらないとつり合いのとれた旋回を行うことはできない。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の方向舵の言及

【舵】より


[主操縦翼面]
 操縦翼面のうちもっともたいせつなものは,飛行機に,上や下に向く,左や右に向く,横に傾くの3種の重心まわりの回転運動をさせるための主操縦翼面で,これを三舵ともいう。ふつうの飛行機には,三舵として昇降舵,方向舵,補助翼があり,これらとエンジンの出力を操作することによってひととおりの操縦ができる。こうした三舵による操縦方式は,ライト兄弟の初飛行から数年後のフランスのファルマン機あたりでほぼ完成され,以後今日まで飛行機の舵の標準として続いている。…

【飛行機】より

…燃料は主として主翼あるいは胴体内の燃料タンクに収められているが,軍用機などでは,航続性能を増すために,さらに流線形のタンクに入れて翼の下などに懸吊することもある。ジェットエンジンプロペラ
[操縦装置]
 飛行機は飛行中や地上滑走中に速度や姿勢や飛行経路などを自由に変えるために,3種類の舵,すなわち昇降舵,補助翼,方向舵をもっている(図5‐a)。昇降舵は水平安定板の後縁にヒンジ(蝶番)で取り付けられ,操縦席で操縦桿(かん)を手前に引くと後縁が上がり,押すと下がるようになっている。…

※「方向舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方向舵の関連キーワード兌・唾・堕・墮・妥・惰・懦・打・拿・朶・楕・舵・蛇・陀・駄インダストリアル・デザインライト・フライヤーフライバイワイヤライト(兄弟)シミュレーター自動操縦装置ボアザン兄弟ジファール無尾翼機先尾翼機補助翼ラダー飛ぶ飛翔タブ飛膜

方向舵の関連情報