コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城侑 じょう すすむ

1件 の用語解説(城侑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城侑 じょう-すすむ

1932- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和7年2月8日生まれ。「詩豹」「早稲田詩人」の同人をへて昭和37年から「赤と黒」を主宰。38年壺井繁治らの「詩人会議」に参加。のち「歴程」同人。資本主義の矛盾を風刺する詩を一貫してかきつづけ,50年「豚の胃と腸の料理」で壺井繁治賞。奈良県出身。早大卒。詩集に「畸型論」「不名誉な生涯」「日比谷の森」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

城侑の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

城侑の関連情報