コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城米奉行 じょうまいぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城米奉行
じょうまいぶぎょう

江戸幕府の職名。勘定奉行支配下の蔵奉行の一つ。江戸城中備蓄米の管理にあたっていたが,米蔵が浅草に統一され,廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうまいぶぎょう【城米奉行】

日本近世の職制の一つ。豊臣秀吉時代の1593年(文禄2)9月に城中備蓄米出納管理のため福島正則毛利高政城米之奉行に任命された。鉄砲,玉薬なども両奉行に引き渡すよう命じているので,軍需品も扱ったと思われる。江戸時代初期には城米蔵米(くらまい)は区別され城米奉行と蔵奉行が置かれた。1642年(寛永19)不正により城米蔵奉行3人,浅草蔵奉行4人ほかが斬罪となっているが,史料が少なく城米奉行廃止時期は不明。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

城米奉行の関連キーワード江戸幕府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android