コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城米奉行 じょうまいぶぎょう

2件 の用語解説(城米奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城米奉行
じょうまいぶぎょう

江戸幕府の職名。勘定奉行支配下の蔵奉行の一つ。江戸城中備蓄米の管理にあたっていたが,米蔵が浅草に統一され,廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうまいぶぎょう【城米奉行】

日本近世の職制の一つ。豊臣秀吉時代の1593年(文禄2)9月に城中備蓄米出納管理のため福島正則毛利高政が城米之奉行に任命された。鉄砲,玉薬なども両奉行に引き渡すよう命じているので,軍需品も扱ったと思われる。江戸時代初期には城米蔵米(くらまい)は区別され城米奉行蔵奉行が置かれた。1642年(寛永19)不正により城米蔵奉行3人,浅草蔵奉行4人ほかが斬罪となっているが,史料が少なく城米奉行廃止時期は不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone