コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城米 ジョウマイ

百科事典マイペディアの解説

城米【じょうまい】

江戸時代,幕府領及び譜代大名の城に貯蔵された米穀。戦国大名が有事に備えて諸城に貯蔵した兵粮米に始まり,豊臣秀吉時代に,城米奉行が在任。江戸幕府は17世紀前半,譜代大名に幕領年貢米を供与するなどして詰米(つめまい)させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうまい【城米】

広義には江戸幕府直轄領の年貢米をさすが,狭義には幕府直轄城地,東海道宿駅,および譜代大名城地に詰められた兵粮米をさす。譜代大名領城米は,例外もあるが1633年(寛永10)ほぼ一斉に設定され,幕府が幕領年貢米または代金を供与し詰米させることにより成立した。城米は城付武具と同性格で,城主の交代にも引き継がれ,城主が管理し年々詰替えをした。非常のさいの江戸廻送を中心に大坂廻送をも考慮して配置し,軍事的性格が強い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうまい【城米】

江戸時代、幕府・諸藩が兵粮ひようろうや飢饉ききんなどに備えて城内に蓄えた米。御用米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

城米の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・4代)紀伊国屋源兵衛深作 雄太郎日の丸御城米海事史料叢書長井[市]中沢 清八梶原 茂嘉深作雄太郎涌谷(町)船中御条目西廻海運江戸時代御城米船河村瑞賢東廻海運阿武隈川羽州街道中沢清八寒風沢島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城米の関連情報