城米(読み)じょうまい

百科事典マイペディアの解説

城米【じょうまい】

江戸時代,幕府領及び譜代大名の城に貯蔵された米穀戦国大名有事に備えて諸城に貯蔵した兵粮米に始まり,豊臣秀吉時代に,城米奉行在任江戸幕府は17世紀前半,譜代大名に幕領年貢米を供与するなどして詰米(つめまい)させた。城主が管理し,城付き武具とともに城主が交代しても引き継がれた。非常の際の江戸廻送,大坂廻送を考慮し,関東・東海・畿内を中心に配置。当初は軍事性格が強かったが,後半には飢饉救済,米価調節など幕府財政補填のために払米され,御用米と唱えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐まい ジャウ‥【城米】

〘名〙 戦国時代・江戸時代、幕府や諸藩が軍事・凶荒に備えて城中にたくわえておく蔵米。幕府ではのちに御用米といった。〔運歩色葉(1548)〕
※信長記(1622)六「御城米(ジャウマイ)を出され、御商売のよしに候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうまい【城米】

には江戸幕府直轄領の年貢米をさすが,狭義には幕府直轄城地,東海道宿駅,および譜代大名城地に詰められた兵粮米をさす。譜代大名領城米は,例外もあるが1633年(寛永10)ほぼ一斉に設定され,幕府が幕領年貢米または代金を供与し詰米させることにより成立した。城米は城付武具と同性格で,城主の交代にも引き継がれ,城主が管理し年々詰替えをした。非常のさいの江戸廻送を中心に大坂廻送をも考慮して配置し,軍事的性格が強い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android