執当(読み)しっとう

精選版 日本国語大辞典の解説

しっ‐とう ‥タウ【執当】

〘名〙
① 庶務をつかさどる役職。とくに寺社の執務役職についてこの字を用いることが多い。
※令義解(718)考課「執当幹了〈謂。執当者。猶執掌也〈略〉〉」
② 延暦寺の役職。諸堂の管理、諸役の補任のことをつかさどり、三綱(さんごう)が輪番で務めた。
※玉葉‐治承元年(1177)一二月一九日「延暦寺執当重雲参陣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android