コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

考課 こうかKao-ke; K`ao-k`o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

考課
こうか
Kao-ke; K`ao-k`o

中国の歴代の王朝が行なった官吏成績を調べて賞罰を行うこと。周代には3年ごとに官吏の成績を調べ9年ごとに判定したといわれるが,成文法化したのは漢の初め文帝のとき。以後の王朝も内容に多少の相違はあるが実施し,成績によって昇官させたり降等させたりした。日本でも文武天皇 (在位 697~707) がこれを制定した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうか【考課】

官吏に対する勤務評定をいう。
[中国]
 考も課も〈はかる〉の意で,考功ともいう。唐代の制度では中央の吏部に考功郎中が置かれてその事務をつかさどった。中央の各官庁および地方の州の長官は,毎年その部下の成績を評定して9等に分かち,吏部に送付すると,考功郎中が別に任命された審定官と協議して判定する。評定の標準として,四善二十七最なる条項があり,善とはすべての官職に通じて挙げることのできる善業であるから,1人で四善を兼ねることができるが,最とはそれぞれの職種における最高の業績であるから普通には1人には一最しか与えられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうか【考課】

官吏・従業員・学生などの仕事ぶりや成績を調査して報告すること。 「 -表」 「人事-」
律令制で、毎年各官司の長官が官吏の勤務成績を評価すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

考課
こうか

律令制下における官人の勤務評定。令制の考選法では、官職は内長上(ないちょうじょう)(常勤の中央官人)、内分番(ないぶんばん)(非常勤の中央官人)、外長上(げちょうじょう)(常勤の地方官人)、外散位(げさんい)(非常勤の地方官人。のちに外分番(げぶんばん)と呼ばれた)に区分されるが、長上は年間の勤務日数が240日以上、分番は140日以上が勤務評定の前提となる。次に内長上は「善」という徳目的基準と「最」という職務達成基準により上上から下下の9等で、その他は勤務状況によって上から下までの3等(郡司(ぐんじ)と軍毅(ぐんき)は上から下下の4等)で、本司の長官により評定された。そして、こうした勤務評定を一定の年数積み重ね(これを成選(じょうせん)といい、その年数を選限(せんげん)という)、その総合成績により位階が進められた。当初の選限は、内長上6年、内分番8年、外長上10年、外散位12年であったが、706年(慶雲3)にそれぞれ2年ずつ短縮された。[寺内 浩]
『野村忠夫著『増訂版 律令官人制の研究』(1978・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

考課の関連キーワード多面評価(360度評価)中央化傾向/中心化傾向近時点評価/直近効果寛大化・厳格化傾向アカウンタビリティインベントリー法コンピテンシー目的別人事考課対比誤差傾向自己申告制度プロセス評価寛大化傾向垂直的評価自己申告制先入観評価人材公募制ハロー効果中心化傾向水平的評価産業心理学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

考課の関連情報