基・本付(読み)もとづく

精選版 日本国語大辞典の解説

もと‐づ・く【基・本付】

[1] 〘自カ五(四)〙
① しっかりと根をおろす。基礎が定まる。
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「早苗ふしだちて、植田に成て、次第々々に本附時分に、草を取り」
② 基として起こる。あるものに根拠・基盤がある。基因する。
※文鏡秘府論保延四年点(1138)南「六経に本(もとづク)
③ 近づく。到達する。
申楽談儀(1430)音曲の事「稽古の次第と云は、先、わが声の正体を分別しての上のこと也。さて正路にもとづくべし」
[2] 〘他カ下二〙 ある物事を根拠とする。基盤、基礎にする。
※史記抄(1477)三「太史公が衆書をあつめて考へて其事に本つけたれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android