コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基弁 きべん

1件 の用語解説(基弁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

基弁 きべん

1722-1792* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)7年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。山城(京都府)西明寺の妙適のもとで出家。山城蓮華寺の道空から密教を,奈良薬師寺の基範から法相(ほっそう)を,奈良東大寺の懐賢から三論をまなび,法相宗の学僧として京都,奈良で講演と著作に専念した。寛政3年12月27日死去。70歳。俗姓は井上。号は大同房。著作に「大乗法苑義林章獅子吼抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

基弁の関連キーワード康熙帝デフォー井上正岑近衛基煕近衛基熙康熙帝・康煕帝文字の獄北欧演劇石井庄助雲仙岳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基弁の関連情報