コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀真五郎 ほり しんごろう

3件 の用語解説(堀真五郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

堀真五郎

幕末の長州藩士。松下村塾出身。討幕軍の中軍として福山城を攻略した。東京始審裁判所長等を経て大審院判事に進んだ。大正2年(1913)歿、76才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀真五郎 ほり-しんごろう

1838-1913 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)9年閏(うるう)4月11日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久2年討幕挙兵を計画して寺田屋事件にあい,イギリス公使館焼き打ち事件にくわわる。翌年八幡隊を結成,総管となる。幕長戦争にも参加。維新後,金沢裁判所長などをへて大審院判事。大正2年10月25日死去。76歳。名は義彦。号は水石。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀真五郎

没年:大正2.10.25(1913)
生年:天保9.閏4.11(1838.6.3)
幕末の長州(萩)藩の志士,八幡隊総管。名は義彦,号は水石,真五郎は通称。長州藩の陪臣堀文右衛門の子として萩に生まれる。年少にして軍談を好み,功名心旺盛であった。万延1(1860)年,中国諸藩を遊歴。文久2(1862)年11月高杉晋作らと品川御殿山のイギリス公使館を焼打ちした。翌年12月,山口八幡社の神官の家に会して八幡隊を結成し,総管となる。慶応2(1866)年の幕長戦争では芸州口(広島県)に戦い,のち小倉口へ転戦。明治8(1875)年判事となり,東京裁判所を皮切りに大審院判事にまで進んだ。<著作>『伝家録』

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone