コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀真五郎 ほり しんごろう

美術人名辞典の解説

堀真五郎

幕末の長州藩士。松下村塾出身。討幕軍の中軍として福山城を攻略した。東京始審裁判所長等を経て大審院判事に進んだ。大正2年(1913)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀真五郎 ほり-しんごろう

1838-1913 幕末-明治時代の武士,司法官。
天保(てんぽう)9年閏(うるう)4月11日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久2年討幕挙兵を計画して寺田屋事件にあい,イギリス公使館焼き打ち事件にくわわる。翌年八幡隊を結成,総管となる。幕長戦争にも参加。維新後,金沢裁判所長などをへて大審院判事。大正2年10月25日死去。76歳。名は義彦。号は水石

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀真五郎

没年:大正2.10.25(1913)
生年:天保9.閏4.11(1838.6.3)
幕末の長州(萩)藩の志士,八幡隊総管。名は義彦,号は水石,真五郎は通称。長州藩の陪臣堀文右衛門の子として萩に生まれる。年少にして軍談を好み,功名心旺盛であった。万延1(1860)年,中国諸藩を遊歴。文久2(1862)年11月高杉晋作らと品川御殿山のイギリス公使館を焼打ちした。翌年12月,山口八幡社の神官の家に会して八幡隊を結成し,総管となる。慶応2(1866)年の幕長戦争では芸州口(広島県)に戦い,のち小倉口へ転戦。明治8(1875)年判事となり,東京裁判所を皮切りに大審院判事にまで進んだ。<著作>『伝家録』

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀真五郎の関連キーワード明治時代堀 栄一司法官堀栄一

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android