コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総管 ソウカン

2件 の用語解説(総管の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐かん〔‐クワン〕【総管】

全体を総轄・管理すること。また、その職や人。
奈良時代、畿内の治安維持や行政監察のために置かれた臨時の官。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうかん【総管】

全体を総轄・管理すること。また、その職。
奈良時代、畿内に置かれた臨時の官。治安維持や国司・郡司の治績状況の報告などにあたった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の総管の言及

【都督】より

…中央ではこれら地方兵権と中央軍とを一手に統べる都督中外諸軍事が置かれて国政を専断することがあった。隋・唐の中央集権制強化の過程で都督(ときに総管ともいう)の兵権は弱められたが,唐代重要な州に,都督府の名義を与えて周辺諸州を監督させたことに,その痕跡が見られる。六朝時代,都督諸州(国)軍事は高句麗,倭など周辺諸民族の首長にも冊授され,唐の都督府―州―県の制度も,周辺民族への羈縻(きび)政策に適用された。…

※「総管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

総管の関連キーワード自然淘汰スキービクーニャ八雲砂山全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯チェリードンファン花菱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総管の関連情報